welina's style ~holistic

rossie.exblog.jp
ブログトップ

使っている物をしりましょう。



我が家では食器を洗うのに、
とっても頑固な油汚れ以外は洗剤は使わず
こちらのスポンジで洗っています。

c0126832_21563399.jpg


今は便利なものがあるんですね。

油ものだってお湯を使えばきれいになります。


これはryouと暮らしはじめて始めたことで、今では病院でもそうなりました。

肝臓が悪かったryouに何かしてあげられることはないかな?と思い
始めたのが化学物質の除去でした。


それまでお世話になっていたベープや観葉植物の虫除け、
食器を洗う洗剤、ryouの身の回りのものを洗う洗濯洗剤、シャンプーなど。

それまでにそういった事を考えた事がなかった私でしたが、
「界面活性剤」の存在を知ったのもこの頃でした。


界面活性剤とは、シャンプーや洗剤、石けん、
柔軟剤などの油を落として分解させる洗浄作用、起泡作用や、食品や医薬品、
化粧品に使われている乳化作用のある乳化剤として使われています。


界面活性剤には自然界に存在する天然の界面活性剤もあれば、
人の手で作られている合成の界面活性剤もあります。


天然の界面活性剤に比べ、合成の界面活性剤の方が界面活性力(=脱脂力)、
浸透力、殺菌力、防腐力等優れていて化粧品に関していうと見た目、肌の感触、
なじみの良さ、変質しない日持ちの良さ、コストなどで主流になっています。


とても便利なもので、今の私たちの生活にはなくてはならないものになっていますが、
この合成の界面活性剤には石油系の界面活性剤があり、人体や環境に悪影響を及ぼしています。


石油系の界面活性剤の洗浄成分は、皮膚の防御を弱め、
外界からの異物をシャットアウトし本来ならば浸透しないはずの化学物質が
体内に吸収され、皮膚障害、発がん性、男性は生殖機能の低下、
女性は子宮にも影響を及ぼし、奇形児、アトピーなどにも関わりがあるようです。

歯磨きをしたあと口の中に残る歯磨き粉の味も界面活性剤らしいですよ。


また石油系界面活性剤は自然界で分解する事ができないのため、
川に流れたものはヘドロの原因になったり、魚のエラに詰まったりと、
環境汚染の一因にもなっていると言われています。


こういう話をするとキリがないし、何も使えなくなってしまいます。
外食できなくなってしまうし、クリーニングにだって出せなくなります。


でも、自分たちがどういう物を使っているか。
食べ物もそうですが、ちょっと裏を見ていただいて、
知るきっかけになっていただけたらと思います。


ちなみにマサコが使っているシャンプーは
洗剤はこちらを使っています。

ryouの時は布団カバーなどの臭いや、体を拭くのにEMWを使っていました。


ryouの昔の写真がでてきました(#⌒∇⌒#)ゞ

ちょっと見てやってください。



c0126832_22121979.jpgc0126832_22123670.jpgc0126832_22124893.jpgc0126832_2213635.jpgc0126832_2213181.jpg
[PR]
by ivalart728 | 2009-04-26 22:14 | おすすめ