welina's style ~holistic

rossie.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 13 )

「愛玩動物飼育許可制度」導入願い嘆願書署名


一生一緒に暮らすと誓った家族を、
簡単に「飼育拒否」をすることが出来る我が国、日本。

どうすれば「飼育拒否禁止」が出来るのだろうか?

それは、欧米諸国ではすでに導入されている制度、
「オーナーライセンス」(受講の義務)です。

ライセンス取得者以外は、生体の購入が出来ない。
安易に命を向かえ、安易に、処分されている現状を改善する為の制度。

何処で産まれ、何処で売られ、何処で飼育されているか?

明確にすることが出来、命の犠牲を減少させる事が出来る。

結果的に命を「処分」するために使われる血税も減らせるはずです。

この制度に賛同していただけましたら署名お願いします(*^_^*)


こちらからお願いします。
[PR]
by ivalart728 | 2008-06-25 21:45

幸せに☆

ヤマトくん。

新しい家族が見つかったそうです。

幸せになってね。016.gif
[PR]
by ivalart728 | 2008-02-15 23:07

里親募集です。

生徒さんのブログで紹介されていました。

みなさんのお力をお借りしたいと思います。



c0126832_13471654.jpg
リリーさんのブログより

mix犬・ヤマト(13才)

飼い主の怠慢で、飼育放棄されることになりました。
タイムリミットは2/25

それまでに里親さんが見つからなければ・・・・・・

どうにかヤマトに天寿を全うさせたい。
そんな思いで有志が里親捜しを始めました。


チップと一緒の‘94年4月産まれの♂(去勢無し)
体重14キロ
ワクチン・狂犬病最終摂取‘07年5月
フィラリア最終投薬‘07年6月

目立った病気はありません。
年齢の割にお目々の白濁はありません。
耳は遠いようです。

詳細、連絡はこちらまで。

または、管理人まで
(こちらへは直接か、ryou's style メールフォームまで。





c0126832_1455845.gif



ペット栄養管理士Mishaさん新作

『鯵のミネストローネ』です。

c0126832_1484860.jpg

[PR]
by ivalart728 | 2008-02-10 14:08

トイレ



うちのマサコ。といっても病院で暮らしている猫ですが、
今年の春で9才になります。

ryouとの9才はやっと(9才半で自立できなくなりましたから)というかんじだったけど、
マサコの場合はいつの間に・・・・。といったかんじです。028.gif

そんなマサコですが色々と悩みもあり身体もそれなりに年を重ねています。

マサコは院内で自由に暮らしているので仲良しのわんこ(患者さんですが)がいたり
患者さんにも名前を呼んでもらったり、看板猫でもあります。


c0126832_1414529.jpg



さてトイレですが、マサコのトイレは各階に一通ずつあり、
1階(普段生活をしているスペース)のトイレは先代猫が使っていた屋根付きトイレです。

2階のトイレは屋根なしトイレ。

ここ何年か便は2階のトイレを使う事が多くなっていました。

そしてここ1年膀胱炎になったこともありよくみていたら
屋根付きトイレではしずらいみたいでトイレの使い方、砂のかけ方、
する場所などが変わっていました。

このところ遊んでいてもすぐに疲れたり、昇り損なったりと年齢がみえてきました。

猫は思っているより腰痛や肩〜肘の痛みがあるようで、
マサコも普通の猫としてやはりあるようです。

それに加えマサコは幼齢期、骨盤と大腿骨の骨折をともなって来院していて、
腰も、負担のかかっている前肢もこのところお疲れのようです。

で、思い切ってトイレの屋根取りました。

屋根がないと臭いも出ますし、砂もまわりに飛び散ります。

でもでも、屋根がない方がいい体勢で済ませれるようで、本人ご満悦。

やはり不安定な体勢でのトイレは、しずらかったのでしょうね。

こんな1つちょっとしたケアーで、トイレがしやしくなり
病気も減ってくれたら嬉しいです。

犬の場合だと場所、素材、大きさ、ペットシートが不安定(動く)、
猫だと砂の素材、場所(落ち着けない、寒い)、他の猫との折り合いなどが原因の一つです。

ほんのちょっとした心遣いで動物達の生活は豊かになります。


マサコにもみんなにも、よい時間がながれますように053.gif


ペット栄養管理士Mishaさんの新作
七草粥です。


c0126832_2314035.jpg

[PR]
by ivalart728 | 2008-01-18 14:37

新しい年になって





新しい一年が明けていかがおすごしでしょうか?




c0126832_14122483.jpg





今年はこんなことしたい。
今年はこう過ごしたい。色々とあるかと思います。



でも、やっぱり一番に考えてしまうのがみんなの健康です。


身体が健康でなくても、心を健康に保つ事は身体の健康と同じくらい大切です。

動物達の心の健康はほとんどが飼い主さんに左右されます。

動物達の健康を保つためにも、私達がいいエネルギーでいることは
とっても大切な事で、動物達の心の健康にもつながります。



動物達とのかけがえのない生活がよりすてきな時間になりますように035.gif
[PR]
by ivalart728 | 2008-01-04 14:22

変更しました。


ブログのタイトルを変更しました。


welina's style

welina(ウェリナ)とはハワイ語で「愛をこめる」という意味です。

私達に「愛」を贈ってくれるかけがえのない存在であるこの子達に
「ありがとう。」をこめて私達がしてあげられる事。

例えば「ご飯」、「環境」など。
でも、病気になった時、老齢になった時
また健康な身体作りに私達にもできることがあります。

「ホリスティックケア」

それはおうちでできる、飼い主さんだからこそできる
愛情たっぷりのナチュラルケアーです。


動物達に愛をこめて。



☆お知らせ。
「Ryou's style」もトップページを変更しました。

おすすめ本やおすすめグッズ、サイト、管理人へのメールは
こちらからのブログから受け付けています。
[PR]
by ivalart728 | 2007-12-16 23:51

伸縮性のリード


伸縮性のリード。

c0126832_22141752.jpg


リードをつけたまま遠くで遊べるとても便利なリードです。


老犬・老猫セミナーでも話がでていましたが、使い方を間違えると大変な事故に繋がる危険性も持っています。


例えば大きな犬に対して。

遠くで引っ張られると、かなりの力が持ち手にかかり転倒を招いたり、
耐えきれず放してしまう。といった事故に繋がります。



小さい子でも急に引っ張られたり、気がつかないうちに遠くまで伸びていたりで、
事故に遭ったり、他の犬との接触、誤飲を防げない。といった事があります。



遠くに行けばその分コントロールはしずらくなります。
そして、通常のリードと違い対処が遅れればどんどん伸びていってしまいます。



広い公園などではとても便利な道具ですが、
できたら、お散歩での使用は避けていただきたいです。


事故などは起こってからでは遅いです。
取り返しがつきません。


そして、お散歩の時は犬は必ず壁側(人が道路側)を歩いて欲しいです。


病院やご飯、環境などを含め、その子を守ってあげられるのはオーナーさんです。






そしてペット栄養管理士のMishaさんの♪なまりかつおの暖か煮込みうどん♪の紹介です。

c0126832_22323677.jpg



レシピはこちらまで。
[PR]
by ivalart728 | 2007-12-02 22:34

横浜方式のねこ引取り制度見直しを求める署名お願いします。

横浜市では、「猫殺処分の引取り制度」(獣医師に処分を委託する制度)が34年も続いているそうです。

この制度は正しく機能しないと悪用されやすい危険な制度です。
安楽死を建前として市と獣医師会で委託契約が結ばれていますが、実は苦痛死をする病院があったそうです。

また、引取られる猫の95%は子猫です。子猫を引取る際に、母猫への不妊手術を勧めず処分をし続けても処分数は減りません。
産ませては殺し、産ませては殺し産ませて殺し・・・の繰り返しです。

また、動物の命を護る動物病院にとってもそれは心の大きな負担となります。



詳細、署名などはこちら
[PR]
by ivalart728 | 2007-09-28 21:40

伝えてね♪

実は先日犬に噛まれました。

正確にいうと噛ませました。


その柴わんこは前肢が気になるとの事での来院でした。
まだうちの病院に通い始めて何回目かで、予防以外の来院も初めてでした。

診察台の上にあがり、先生に診てもらい原因は狼爪との事。伸び過ぎていたのです。

では、切りましょう。という事になったら「ガウ、ガウ。」(訳:噛むぞ〜〜!!)って、大暴れ。

先生も麻酔するか?って話しになり始め、オーナーさんがリードを放しそうだったので、私は噛めば〜〜。ってリードを掴もうとしたらガブ。

噛んだ事で柴わんこも「あっ。」っと思ったのか、我に返っていたので、すかさず噛んだんだから触らせてね。って事でしっかり保定。

その保定に柴わんこもしっかり頼ってくれて、爪を切るだけだから。の声にやっと納得。

そして何事もなかったかのようにスムーズに爪を切り、化膿止めの注射を打って無事に終わりました。


私はいつもマッサージ教室で、マッサージする前に「マッサージさせてね」って動物達に伝えてからしましょうね。ってお話させて頂いていますが、やっぱりこういう事なんですよね。

触る前だって一言必要だし、例えばお家の用事で何日か忙しくなる前だってきちんと心から話す事が必要なんです。
(なので、うちの病院では採血させてくれる子が多いんですよ〜〜。私が保定するからには信用して欲しいし、痛い事しなくちゃだけど、絶対悪いようにはしないから。先生からも護るから。の気持ちでさせてもらっています。)


抱く前、触る前、ほんのちょっとした事でも声をかけて欲しいなぁ〜〜。って思います。


ちなみに院内では、「ホウレンソウ」を大事にしています。

「ホウレンソウ」とは、「報告・連絡・相談」です。

身近なところでもお役に立つかと思います。



そうそう、ちなみに傷は対したことありません。
穴も開いていなければ、傷にもなっていません。
歯形の痣が残った程度です。(● ̄▽ ̄●;)ゞ
[PR]
by ivalart728 | 2007-08-29 20:05

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚゚

このところよくお目にかかるお話です。

Walking tour
[PR]
by ivalart728 | 2007-08-19 17:49