welina's style ~holistic

rossie.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:老犬介護( 5 )

老犬の入浴


マサコも先日お風呂に入りましたが、入浴時、老齢になると気をつけてあげる事があります。


たとえば皮膚疾患を抱えているわんちゃんには、
薬用のシャンプーを使用してもらう時に、皮膚病の患部から洗ってもらったり、
5分~10分シャンプーをつけたままにしてもらったり、
ドライヤーは低温で使用してもらったりと気をつけることがあります。


このように老齢の子に合せてシャンプーをしてあげれるといいですよね。



まず一番大切なことは動物たちが自らお風呂に入っているわけではないということです。


当り前のことですが、シャンプーが好きな子と嫌いな子といるかと思います。


「うちの子はシャンプー好きなの。」と聞くことがありますが、
実はかまってもらっている事が嬉しかったり、
マサコはとてもいい子にしていますが、実はとても緊張して動けなかったり。と、
みんながみんな入浴や、シャンプーを快く思っていない。ということを知っておいて欲しいです。



そのためにはなるべく動物たちに負担をかけないであげることが必要だと思います。



◆マットを敷く

 足腰が弱ってきた子はとくに滑りやすいところで長時間立っているのはとても負担がかかります。
 柔らかい素材のバスマットや、ゴム素材のマットなどを敷いてあげて、
 負担を軽減してあげてください。



◆短時間で終わらせる
 
 負担をかけない方法として短時間で終わらせてあげるのも大切なことです。
 
 ブラシをかけ、シャンプーをして乾かして、カットして。
 すべてを一回で処置してしまうと長時間かかり疲れてしまいます。

 日によってわけてあげたり、乾かす時間がへるように吸収性のよいタオルを使用してあげたり、
 なるべく短い時間で終わるように工夫してあげましょう。



◆天候を選ぶ

 老齢になると、それなりに寒さに弱くなります。
 実家の15歳のプードルを見ていてよくわかりますが、
 保温用のマットなどで一部だけを暖めてあげるより、
 室内全体の空気を暖めてあげているほうが動きがよく、調子がよさそうです。

 心臓の疾患を抱えている子もいるかと思うので、
 できたら次の日の天候も良いような日を選んであげるとより負担が減るかと思います。



◆お湯の温度

私自身は少し熱めの方が好きですが、
動物たちには色々な影響をおよぼします。
まずは皮膚自体に関しては皮膚疾患があるわんちゃんにもよくお話しますが、
熱いお湯を使わないで欲しい。とお話しています。

とくに老化した皮膚は皮脂の分泌も悪くなり、また乾燥がちになります。

そのため、シャンプーをする場合は被毛や、皮膚の汚れは落とすけれども、
脂分を落としすぎず、また皮膚の水分の損失を防ぐようにしてあげることが必要となってきます。

そのためにあまり熱すぎない37〜38℃以下で使用し、
シャンプーも被毛や皮膚の汚れは落とすけど、
皮膚の皮脂を取りすぎないシャンプーを使用してあげましょう。


また、シャンプー時にブラシ等で擦らない。シャワーを直接あてず、
手指でシャワーの出口をふさいでこぼれてきた湯をかけるなど、
気を付けてあげるとよりよいかと思います。


お湯の温度が高いと湯気の出る量も多くなります。

老齢の小型犬に多くみられる心疾患—僧帽弁閉鎖不全—の子には、
この温度の高いお湯の湯気が危険な状態を引き起こす要因になっていて、
場合によっては肺水腫を起こし、場合によっては死に至ことがあります。

そのため入浴やシャンプー時の温度は湯気がたたないように低めに設定し、
加湿にならないように通気性を良くしたり、
場合によってはシャワーより汲み置き洗いをするなどよいかと思います。


また、マサコが使っているモンシュシュ。


こちらは界面活性剤などの石鹸成分を使っていないシャンプーなので、
沐浴も可能で、シャンプーの手間を省くことが可能でありながら、
高い洗浄力をもち殺菌し、臭いを防ぎ、皮膚の健康を維持することができます。


また沐浴できるので、シャンプー剤をすすぐ必要もないので、
時間短縮も含め、入浴中に不調がみられた場合など不測の状況に遭遇してしまった場合でも、
洗い流さなくてはいけないシャンプーなので、皮膚にも安心です。



◆ 寝たきりの子の入浴

寝たきりになってしまうと汚れないかというとそういうわけでもありません。

自立による排泄ができないために、お尻まわりが汚たり、口まわりも汚れてきます。

お尻まわりは汚れを楽に落とせるように予め毛を短くしておくことがおすすめです。
軽い汚れは蒸しタオルや、ウォーターレスシャンプーを使用したりしますが、
なかなか落ちない汚れもあり、時間的にもろうりょく的にも大変な作業になってしまいます。

Ryouはバスマットの上に乗せてよく下半身だけ洗って、
あとは体を拭いたり、くしをかけたりしていましたが、
少しの汚れだったら、下にペットシートを敷いて
モンシュシュを使うという方法も良かったかもしれんません。
(その頃にはなかったので)



高齢になると気を付けてあげることがたくさんでてきます。

お部屋を暖めてあげたり、食器を高くしてあげたり、
お布団を敷いてあげたり、ご飯を考えたり。


老犬との生活は「気づいてあげる」といった事、
そしてその変化に合わせてあげることにより、愛犬の老齢の生活は楽しくゆたかな時間になります。


愛する子を見送るのも、死を近くにかんじながら過ごす事もとても辛いことです。

でも、動物達は先の心配などせず「今」を謳歌して生きています。

その『今』をたしかで豊かな時間にするためにもホリスティックケアは
動物達にとって生活が元氣のもとになる1つになると思います。

そしてそういった時間を共に過ごす事によって
動物達から愛を受け取り、本来の大切な事を学び
別れの時には「ありがとう。」と見送る事ができると思います。
それは虹の橋に向かった動物達にも癒しになるでしょう。



たくさんの方がすてきな時間を過ごせますように☆




c0126832_2319542.jpg




c0126832_23195146.jpg


近頃のマサコさん。
受付がお気に入りです。

でも、じゃまなんですけど(・・。)ゞ


c0126832_232315100.jpg



c0126832_23234872.jpg


お知らせがあります。

こちらのブログ。
今月をもって終わりにさせていただきます。

今までありがとうございました。
[PR]
by ivalart728 | 2009-10-26 23:20 | 老犬介護

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚゚

先日すてきな言葉を目にしました。

幸齢生活


高齢生活を幸せに過ごす。

すてきですね〜。

高齢になると、してあげられる事が増えてきます。
確かに今までとおりにできなくなってしまったり、
今までしなかったことをしてしまったりと
こちらも戸惑ってしまうこともあるかと思います。


だいたい7歳あたりから高齢と云われています。
人生の半分が高齢期です。


そんな高齢期も「幸齢期」として過ごせたらステキな時間になります。



すてきな幸齢期を過ごしてくださいね〜058.gif


c0126832_2132443.jpg







いつもお借りしているペット栄養管理士Mishaさんの新作

『さらっと鯛茶漬け』です。
c0126832_21343157.jpg

レシピはこちらまで
[PR]
by ivalart728 | 2008-05-22 21:35 | 老犬介護

おすすめ



☆老犬・老猫との暮らし☆

高齢になってくると手をかける事や、注意してあげる事が変わってきます。

病気になる事も増えてきますが、
今までよりしてあげられる事が少し増えるだけだと思います。

今までの生活の中でも新しいルールが増えたり、ルールを変えるといった事もあると思います。


こんなふうに感じてもらったら、高齢の子との暮らしはより楽しく、
動物達はそんな愛情の中で幸せに暮らせると思います。



生活の変化を認識しつつ、食事や環境などを整え
動物達にとって生活が元氣のもとになるように心掛けてもらえたらなぁ〜。って思います。

ホリスティックケアやホリスティックマッサージはそのお手伝いになると思います。

(/動物のためのホリスティックマッサージ教室 テキストより)








昨日は動物自然療法協会主催の「老犬・老猫介護セミナー」でした。

講師である若山先生(今月号の犬のきもち参考)も動物と飼い主さんとの老齢時の生活を
よりよい時間にしてほしくて寝込まない老齢時作りのケアーを推進されている先生です。


昨日のセミナーでもでてきたおすすめ品。
c0126832_22344939.jpg

ドッグケア/防水マットレス



c0126832_22373756.jpg

こちらはTEIJINより「愛犬用高機能マット「タフィー®」」



ちなみに我が家はこちらを使ってました。
c0126832_2242281.jpg

詳細はこちら

ちなみに作ったので費用は持ち手のみ。
(母ありがとう。)



さてさて、今日もこちらペット栄養管理士のMisaさんのおすすめレシピ。
c0126832_22455987.jpg

☆サバみそ豆乳粥☆です。




[PR]
by ivalart728 | 2007-12-10 22:47 | 老犬介護

胃拡張


昨年の今日、ryouは胃拡張をおこし危うく命をおとすところでした。
H18、11、20の日記


急性胃拡張・居捻転症候群は大型犬種や、胸の深い犬におきやすい傾向があるようです。

この単一の原因は確認されていませんが、この疾患の発生にはいくつかの因子が重要と思われています。


まず、「深い胸の犬種」が多いといわれているのは、胃の回転不安性があるためだといわれていますが、
それには肝十二指腸と肝胃靭帯がゆるいためだそうです。

食べ物と水、空気の大量摂取は慢性の胃拡張を引き起こし、胃の転位が生じ胃捻転を起こしてしまうそうです。

私もマッサージ教室で「あふ、あふ」とドライフードを一気にたいらげ、水を飲み、だぁ〜〜〜。っと遊んでしまう子には注意していただきたいとお話しさせていただいていますが、
これは、一気に空気とドライフードが胃に入り胃酸を吸い、そのあとドライフードが膨張し正常なゲップが阻止され胃拡張がおきてしまうので、食事が一日1回の子は2回に、ドライフードはふやかして。と付け加えてもいます。


6〜7才くらいの子で、よく朝起きたらお腹が張って亡くなっていた。というのはこのような場合も考えられると思います。

そして、そういった飼い主さんは「昨晩はご飯もよく食べ、元氣に遊んでいた」とよく言われます。




症状としては嘔気の急性発現ですが、嘔吐することはなく急速に腹部が膨張し、元氣が消沈していきます。
動物は起立を嫌がったり、横になって寝るのを嫌がります。
また、早くて弱い脈拍。蒼白、チアノーゼ、早くて浅い呼吸などです。


ryouの場合は、少し前から軟便が続いていた事、身体全体が弱っていた事。
寝たまま(ふせしたまま)食べていた事、繊維と思い、さつまいも(でんぷん物質)を少し多めにあげていた事などにより、胃の排出遅延が慢性にあり胃拡張を起こしてしまいました。


これは、処置が遅れれば死に至ります。
起きてしまった時は早急にかかりつけの獣医さんに診ていただいてくださいね。

救急で診てもらうのももちろんですが、毎日の生活の中でも気をつけていただきたいです。


*埼玉県南西部の救急病院
日本小動物医科学研究所
[PR]
by ivalart728 | 2007-11-20 14:44 | 老犬介護

老犬・老猫介護セミナー終了

24日、25日と老犬・老猫介護セミナーが先月同様行われ、無事に終了しました。

今回は浦元先生のシニアのフードのお話と、ごしま先生の★老犬の問題行動対処法でした。

本当にすてきなセミナーを開いてくださった動物自然療法協会に感社です。

とても刺激的な5日間でした。
[PR]
by ivalart728 | 2007-08-28 23:21 | 老犬介護