welina's style ~holistic

rossie.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

馬のマッサージ。


連休、静岡にある与那国馬ふれあい牧場に行ってきました。


c0126832_2195896.jpg




与那国馬とは、現存する日本在来馬8種のうちの1種で、
ここには昨年与那国島にある、
NPOヨナグニふれあい広場から船に乗って渡って来た5頭の与那国馬と
昨年生まれた子馬がいます。

与那国馬はかつて農耕馬として人と寄り添ってきた歴史があるので、
とても温厚で賢く従順で、初めての子供から大人まで乗る事ができます。


今回は牧場のお手伝いをしながら、
馬の身体に触ってマッサージもさせてもらいました。


c0126832_21204857.jpg



とくに乗馬としてお仕事しているお馬は背中に痛みがあるようです。

お馬も触られることを好む部分からはじめていきます。

c0126832_21213619.jpg



きもちよいと、口をもぐもぐさせ、唇を舐め、深い息をして頭や頚をさげます。
なかには眼を閉じてしまう子もいるみたいです。

c0126832_21221064.jpg



反対に痛かったり、イヤだと頭や尻尾を振り上げ、
体を脇に避け、脅かそうと噛み付いたり、
蹴るなどの行為を示して、痛い所や緊張しているところを教えてくれます。


このテリトンタッチも、
体をほぐすだけでなく、馬と人との間に、
言葉ではない特別なコミュニケーションをもつことができたり、
馬に大きな自信と自制心を持たせてくれます。





かつて馬と人はともに生活する一員として暮らしてきました。
今は機械化によりその役目から退く事となりましたが、
このように人と寄り添って生きてくれます。


c0126832_2124192.jpg

            後ろの2頭を撮っていたら・・・。




お世話になっている間にハンデをもったお子さんが乗馬にこられました。

ホースセラピーです。

私はその子を乗せている馬を見て驚きました。

足の運び方、歩き方、揺れなど、極力抑え、
大事に、大事に歩いていました。


普段と全然違ったのです。

馬にどうしてこういう事がわかるのでしょうか?

馬だからこそわかるのでしょうが、
お年寄りや、
妊婦さんが電車などで立っているのをみると、
本当に悲しくなります。


馬にできることが、同じ人である私達がどうしてできないのかと。


c0126832_21262180.jpg


今回マッサージをさせてもらったファーファ。
お母さんでもある彼女は本当にすてきな心の持ち主です。


伊豆へ訪れた際は、是非是非訪れて触れてみてください。





ハッピーペットロスの著者、happy♪ペットlifeクリエイター☆阿部佐智子さんが
『犬猫の幸せ寿命を3年延ばす 薬に頼らない心臓応援ケア』
という無料レポートを作られました。

犬猫ちゃんの心臓予防・心臓応援ケア方法をまとめたものです。

このレポートは阿部佐智子さんからのプレゼントだそうです。

ご覧になってください。
[PR]
by ivalart728 | 2008-09-17 21:27 | おすすめ