welina's style ~holistic

rossie.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

自然の力を借りて

私の好きな映画 「西の魔女が死んだ」 で、
おばあちゃんがお家にいる植物達で主人公の女の子を楽しませます。


お野菜たちに虫がつかないようにと、ハーブ水を作って蒔いたり、
ハーブの群生の上に洗濯したシーツを広げて乾かしたり。


私も実際タンポポの葉や根でryouのご飯に混ぜたり、
根を細かく切った後煎ってコーヒーとしていただいたりしていました。


沖縄では月桃も簡単に採取でき、アロマや石鹸など色々と使われています。


また、最西端の与那国島というところでは、「長命草」という葉があり、
資生堂などその他の会社から商品化されていますが、
島の人達はお刺身のツマのかわりにしたり、ドリンクにして飲んだりしているようです。


このようにして、自然の力をかりて生活できるのっていいですよね。



先日、以前マッサージ教室に参加されたオーナーさんから
消臭効果のあるハーブをいただきました。

c0126832_21535268.jpgc0126832_21542196.jpg



それをドライにして細かくして掃除機に吸ってもらって使ってみました。
(ラベンダーもあったのでしてみました。)














また、その方にレシピを教えていただいて化粧品も作ってみました。

c0126832_2158945.jpg
手作り石鹸でもすごいなぁ~。と思っていたのに、
化粧品も(私でも)作れちゃうんですね。














そしてこちらはルームスプレー。
玄関やカーテンに使っています。
c0126832_2159677.jpg


















そしてこちらはハンドクリーム。
こちらはビーズワックス・シアバター・マカデミアナッツオイルで作ったものなので、
わんちゃんのパットにも使えます。


c0126832_2231413.jpgc0126832_2232788.jpg





















c0126832_2234011.jpgc0126832_2235136.jpg


















今年はカレー粉からカレーを作ったり、梅酢を漬けたり色々と挑戦しています。
そのものから作ると購入したものより近くに感じますし、なんだか大切に思えます。
何とも思えないボールペン一本にしても誰かしらの手が加わっているー。
便利になった世の中ですが、感謝して大切に使いたいです。



そしてこちらはナーベラー。
ヘチマです。
夏のお野菜なのできっと体を冷やしてくれる食材でしょう。
(横の缶はコンビーフハッシュです。人用です。)
c0126832_2243661.jpg





c0126832_2251399.jpg



「HACHI 約束の犬」


c0126832_225479.jpg




忠犬ハチ公のハリウッド版です。


ペット食育インストラクターでもあり、ペット栄養管理士のMishaさんが監修されている
kuma kitchenさんで
『HACHI 約束の犬』とのコラボで、クッキーを販売しているそうです。


詳細はMishaさんのブログにて。
こちら
こちら




c0126832_2261784.jpg

[PR]
by ivalart728 | 2009-08-24 22:19 | ホリスティックケア

駆虫薬



現在、ノミやダニの駆虫として色々な製品が出ており、
私達が普段使用しているものに
界面活性剤が当たり前のように使われているように、
そういった駆虫薬にも農薬が使われているそうです。


そう聞いてしまうと怖い気がしますが、
うちでは(マサコ)やはり仕方なく使ってしまいます。


頻度は年に多くて3~4回というくらいですが、
患者さんが持ってきた寄生虫を他の患者さんへ染さないためでもあります。




また、近畿より西の地域ではバベシア症といって、
マダニによって媒介されるバベシア原虫が、
赤血球内に寄生することによって起こる溶血性貧血です。
治療をしなければ、貧血によって亡くなってしまいます。


症状としては、持続的もしくは間欠的発熱、運動不耐性、
血(色素)尿、可視粘膜蒼白、脾腫、頻脈、呼吸促迫、嘔吐など、
他の溶血性貧血と同様の所見が認められます。



そういわれれば、農薬が入っているからと使わないわけにはいきません。



先日、九州を訪れていた友人のわんちゃんがバベシア症になって亡くなりました。
病気の事を知らず、ダニの予防をしていなかったことと、
市街にいたことや、知らない土地でのこともあって、
きちんとした治療を受けられず亡くなってしまいました。



高齢でもありましたが、病気にさせてしまったこと、
きちんとした治療を受けさせてあげられなかったこと、
きっとたくさん後悔していることと思います。




命がかかっていて、予防できるのに(100%ではありません。)、
予防しないわけにはいきません。



昔や薬を購入するのに大変な地域ならともかく、現実に薬があるわけですから。



そこで、現代はホリスティックが必要になってくるのかと思います。



ノミやダニの駆虫薬をつけても負けない体作り。
解毒。



フードやハーブ、ホメオパシーなど。





「知らない。」では済まさず、動物を飼う上で、
「命」に責任を持つという意味できちんと勉強して知って欲しいと思います。





c0126832_11135359.jpg





話はズレてしまいますがこれだけ便利になった
今の世の中でも地域によっては医療が十分でなかったり、
交通手段が確実でなかったりと助かる病気も助からなかったり、
諦めなくてはいけない事があるかと思います。



昔もそだったと思います。



買い物一つにしてもそうです。
あるもの、買えるものでご飯を作るのではなく、
今は作るものに合わせて食材を選びます。



昔や、そういった地域では我慢するのも普通だし、
(きっと我慢とはおもわないんでしょうね。)
諦めなくてはいけないこと、待つ事、
目の前にあってもどうにもならないことがあるということを
ちゃんと知っていて、それができるだと思います。



それに比べ、現代の便利なところで育った私達はなんでも当たり前の生活で、
大抵の事は思い通りになります。
そしてちょっと思い通りにならなかったり、
イヤな気持ちにさせられると他人を傷つけたり、自分を傷つけてしまいます。



便利ってある意味こわいですね。




私は何故か高齢の方と話す機会がよくあって、戦時中の話をしていただく事があります。


知り合いのおじいちゃんは戦争だったから学校には行けず、
勉強は自分でたくさん本を読んだ事や、
学校を出られなかったから勤めにつけず、農業を必死でやってきた。と話していました。



また、沖縄本島生まれのおばあちゃんは、
8月20日学生で安全な場所に移る為
(当時は東京というと行かせてもらえなかったので、“埼玉”と言って出て来たそうです。)
ポンポン船(大きな船だと見つかってしまうし、もしもの時に被害が大きいので、)に
乗って本島から、内地(本土)へ一週間以上かけて渡ったそうです。


それでもおばあちゃん達が乗った次の便の船は攻撃に遭い、悪石島の近くで沈んでいます。


その後、おばあちゃんも結婚して子供と一緒に帰る頃には
もう自由に行き来できるようになっていて、
飛行機で那覇に着いた時、たくさんの人が亡くなったのに、
自分だけ結婚して子供がいて健康で悪い氣がして飛行機から降りられなかったそうです。


おばあちゃんは言っていました。
今がとってもありがたい。何にもなくても平和でとっても感謝している。って。


今、日本では一日90人ほどの人が自殺をしているそうです。


そんな同じ日本で、今日は64回目の原爆忌を迎え、
爆心地に近い長崎市松山町の平和公園では
「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が営まれました。


式典では、7月までの1年間に死亡が確認された3304人の
名前を記した原爆死没者名簿3冊が納められたそうです。


戦争はまだまだ続いているんですね。



話は大きくズレてしまいました(^_^;)が、
やっぱり毎日を大切に感謝して過ごしていきたいと思います。




c0126832_11274893.jpg

[PR]
by ivalart728 | 2009-08-09 11:39 | 生きとし生けるものの一員として

リハビリテーション



動物が内科もしくは外科手術を受けた後、
また退行性の疾患の時に飼い主さんがしてあげられる事があります。



これまでは例えば休養させたり、
痛み止めを出してもらったりして後は動物達に任せてきました。



人医学でリハビリは足や脊髄の手術を受けた患者さんや、
痛みもしくは運動が難しくなってしまった事や、
老齢による退行疾患に罹患した患者さんに対し
痛みの軽減や罹患部の運動や回復の目的で実施されています。



人に対しておこなわれているリハビリのほとんどは犬に対しても施す事ができ、
飼い主さん自身がカウンセリング・ケアーを受けた方法で愛犬に施し、
鎮痛の軽減や筋肉・関節の機能の回復時期を早める事ができます。



・ストレッチ(軟部組織や関節の可動)

・マッサージ
 ・筋肉や筋
 
・バランスと固有受容の練習
(自立時のバランスや力の加減具合)

・強化運動(筋肉の強化)
 
・温熱、冷却療法
 
・プールでの水泳療法
・その他術後のケアー




☆こんな子に・・・

・老齢による退行性の疾患
 
・整形外科手術後、もしくは保存療法中
 
・交通事故後の外科手術後、もしくは保存療法中




☆リハビリの効果

・疼痛、炎症、腫脹の軽減
 
・関節の可動の向上
 
・軟部組織(腱・靭帯)伸展能力の向上
 
・早期の筋肉強化
 
・健康状態の回復
 
・生活の向上
 
・飼い主さんがしてくれる事でストレスの軽減




その他、専門の獣医師によるカイロプラクティク・鍼灸、
管理下でのトレッドミルでのリハビリも効果的です。




近隣でのリハビリ施設・プールのある施設。

エルペロ
名古屋動物整形外科病院
綱吉の湯
ドッグランもろやま
Dog news
かんなの湯
日本高度動物医療センター


他にも知っている方がいらっしゃったら教えてください('-^*)/




先日、昨年遊びに行かさせていただいたLab&Peaceさんのお家のわんちゃんがリハビリを受けた時の様子です。

こちら

お願いしてリンクさせていただきました。






マサコの変顔〜〜〜(#⌒∇⌒#)ゞ

c0126832_21325581.jpgc0126832_21331113.jpgc0126832_21333292.jpg
[PR]
by ivalart728 | 2009-08-03 21:35 | ホリスティックケア